こんにちは、ドロシーですわーい(嬉しい顔)
早いものでもう師走ですねぇ(しみじみ)

ところで今日は何の日だか、ご存知でしょうか?

本日、12月1日は世界エイズデーですひらめき


TENGAブログとしてはコレを取り上げない訳にはいきませんよね。
なんたって、TENGAはタイ赤十字エイズ研究センターの調査にカップを提供するなど、ストップエイズの活動にも取り組んでいるのですから・・・。
それに今年は大阪で行われたエイズイベント、+2008にも参加いたしましたね。
その節は、TENGAブースにお立ち寄りいただいた皆さまありがとうございました。


世界エイズデーというのはエイズの予防とエイズ患者への偏見や差別をなくすためにWHOが定めたエイズキャンペーンの日だそうです。

エイズについて、知っていますか?
高校のころ、保健体育のテストでエイズに関する設問だけはやたらと成績のよかったドロシーですが、この機会に勉強しなおしてみました。

エイズは非常に生命力の弱いウィルス&感染経路もかなり限られているので、予防すればかなりの高確率で防ぐことのできる病気です。
一方、根本的な治療が無いので、いったんキャリアになってしまうと一生付き合っていかなくてはならないという厄介な病気でもあります。

正しい知識を知ることで、エイズという病気から自分の身を守ることができます。
同時に、エイズに感染している方を偏見や差別で傷つけてしまうことも回避できます。

ドロシーが子供の頃は、まだHIVエイズについてよくわかっていなかったので、「キスは止めましょう」や「まわし飲みも止めたほうがいいでしょう」といった事が言われていたのですが、最近では唾液中に含まれるウィルスは非常に少なく感染の危険性は無いというのが公式見解との事です。

また、感染してしまっても、発病を遅らせる薬や治療法も開発されているとの事…
医療技術は日進月歩ですねexclamation
エイズは早期発見が一番、今では治療薬も発達してきて、感染しても死に至る事はないほどになっているようです。
不安がある人も無い人も、エイズ検査にいって、まずはエイズについて、そして自分の性について、一度見つめなおしてみてはいかがでしょうか?


TENGAとしては、エイズキャリアーの方がセックスする際にTENGAを使用してのセイファーセックス…というような使い方をしていただけるのではと思います。
カップの中に射精すれば、直接精子に触れることもありませんから安心かと…

うーん…真面目でためになる事を書こうとして取り留めがなくなってしまいましたが、
皆様もこの機会にエイズについてお勉強いかがでしょうか?

ドロシーがお世話になったHPです。↓

エイズ予防ネット

レッドリボンキャンペーン2008




ドロシーでしたかわいい