暑い日の連続に溶けてしまいそうなドロシーです。

炎天下では身体の表面がTENGAスペシャルソフトエディションのように軟らかくなってしまったような錯覚にとらわれてしまいますね。あせあせ(飛び散る汗)



時に、ドロシーは大学でセクシュアリティについて学んだのですよ。

専攻だった訳ではないので、触り程度だといってしまえばそれまでなのですが…



「セクシュアリティ」というのは、性に関する諸々(性別、性行動、男が好き女が好き等々)の事です。

で、いろいろと学んでいったのですが…

「セクシュアリティ」の世界はハッキリいいまして混沌としておりますexclamation

カオスですexclamation(注:あくまでドロシーの主観です)



例えば、

「男女の違いは妊娠・授乳ができるかできないかの違いしかなく他は文化的に作られた違いだ」と主張される人もいれば「(脳を含む)身体のつくりが違うのだから行動や性質に違いがでるのは当然だ」という人もいる。





いろいろな主張があり、知的好奇心という観点からは非常に面白い世界なのですが、イマイチ実際の生活、現実のレベルと違うところでの議論をしているなというのが、大学4年間セクシュアリティについて齧ったドロシーの感想です。



うん、で、TENGA。



TENGAは皆様ご存知の通り、マスターベーションに使用する道具です。

それまでの性玩具にありがちなジメ~っとした印象を覆すスタイリッシュな外観と、もの作りの魂をこめたハイクオリティさでマスターベーションそのものの何となく良くないイメージを覆す商品です。

(…と、社員が言っちゃぁ手前味噌ですが…たらーっ(汗)





つまりTENGAは、極めて明快に、具体的な商品を世に出すことで世の中の価値観に揺さぶりをかけているのですexclamation





わたしたち典雅は性に対して真面目に取り組む会社です。

TENGAという商品を通して、皆さんの生活の中の「性」の部分をより快適にしたいと、一途に願っております。



今日は早くかえって真面目に自分の性と向き合おうと思うドロシーでした。かわいい